相続の手続き

相続


具体的な法律上の手続きや判断を行う事柄が発生します。
手続の種類は90種類以上と多岐にわたり、民法や相続税法などに定められています。
その中には期限内に定められた手続を行わないと不利益を被る手続きもあります。
これらの期限を把握しスムーズに進める事は難しいものです。

遺言


自分の死後の処理について自分の意思を示す書面であり
法律で書き方や作り方が決まっています。
遺言で発生させることができる効果も法律で決められています。
遺言しなければならないという決まりはありません。
しかし、遺言を残しておけばよかったという事例が多くあります。

遺言書の作成を、ご自身だけでやろうとしてもなかなか難しいものです。
ご自身最後の意思表示でもありますから、法律に基づいて細心の注意で作成する事が大事です。